中古バイクの初期メンテナンス

皆さんは中古バイクを購入したらまず何をやりますか?浮かれてブンブン乗り回したりしていないでしょうか。

信頼した店主が経営しているお店から、「すぐに乗っても大丈夫だ」と言われたのでしたら、それでいいのかもしれません。

ですが、ライダーとしてベテランになればなるほど、まずはバイクの初期チェック兼メンテナンスを行います。

それは、あなたの安全のためでもある上、バイクの不具合で周りにも迷惑をかけないためでもあります。

まずは必ずいくつかのパーツを交換すること。

ここでいうパーツとは、プラグ、タイヤ、オイル、フィルター、そしてブレーキフルードです。

本日はこれらについて、少しずつですがご説明します。

まずはプラグですが、これは点火のために使います。

新しいプラグを使えば、不具合なくバイクを発進させることができます。

プラグは安いので気軽に取替えましょう。

次にタイヤですが、何もしてなくても2年でだめになります。

使っていたらもっと早くだめになりますので、中古バイクを購入したら一緒に新しくタイヤも交換してしまいましょう。

スリップやパンクの事故をあらかじめ防ぐのも重要です。

次にオイル交換ですが、これはいわずもがなです。

半年で汚くなるうえ、どんどん劣化もします。

オイルは清掃や冷却の役割も果たすため、常にフレッシュな状態にしておきましょう。

ついでにたまにフィルターの交換もお忘れなく。

最後にブレーキフルードですが、これも頻繁に交換しフレッシュな状態にしておきましょう。

このように、中古バイクは購入後しっかりと気をつける必要があります。

また、それは中古バイクを手ばなす時も同様です。

バイクは外にあるためどうしても雨風など、自然環境の影響を受けダメージがたまります。

それは日ごろの運転にも関わってきますし、バイクを手ばなす時もマイナスとなります。

毎日の事ですので少しずつ気を配り、長い間コンディションのよい状態を保つようにしましょう。

あまりに安価なバイクの場合、これらのどれかに問題がある可能性もありますから、安いからと言って安易に購入しないよう気をつけましょう。
<参照サイト>http://imwithjamie3reviewbonus.com/