中古バイクの廃車の重要性

すでに長年乗って、そろそろ新しいバイクに乗り換えようと思った時、今まで乗っていた中古バイクはどうされるおつもりでしょうか。

次のライダーのためにとっておく、さもなくばぺしゃんこにしてしまうとか。

どちらにしろ、必ず通らなくてはならないのが廃車の手続きですね。

廃車とは、あなたが現在のバイクを手放すときにするものであり、現在のバイクの所有権が「あなた」になっていますが、そこから「あなた」の名前を消す作業です。

何故この所有権を取り除く作業をしなくてはならないかというと、例えばあなたの中古バイクを他の人が購入または譲り受けたとしましょう。

その新しい所有者が、駐車違反をしたとしましょう。

そうすると、現在の所有者はまだ「あなた」になっているため、警察はあなたがやったと思い、あなたに罰金の請求書などが送られてきます。

ということは、もちろん払うのもあなたになってしまうわけです。

嫌ですよね。

あなたが駐車違反をしたわけでもないのに、あなたの名義になっているばかりに、このバイクを駐車禁止の場所に停めたのはあなたということになってしまうのです。

ですから、このような状況を作りださないためにも、しっかりとバイクを廃車する必要があるのです。

他にこういった似たようなトラブルは様々です。

駐車違反でしたらまだお金を払えば済むことですが、もし犯罪などに使われていたらどうでしょうか。

あなたが何かしたのではないかと疑われ、それこそめんどくさい事態になりかねません。

注目記事→個人売買でバイクを買った相手が名義を変更してくれない!