中古バイク購入後のトラブル、無料で直してもらえますか?

中古バイクと一口に言っても、販売する側の体制にはいろいろな差異があります。

良心的な店なのか、悪質な安売り店なのか、見抜く必要があります。

要点をお話ししておきましょう。

■メンテナンスにお金をかけず、その分を安く売る

「中古バイクを購入したらトラブルが頻繁に起るようになった」という話は良くあります。

購入してからそれまでのあいだに、格別な事故や損傷を起こしていなければ、メンテナンス不足の可能性があります。

できるだけ早く、購入した店に連絡を入れましょう。

メンテやり直しを無償でやってくれるかどうかは、購入時の決め事によります。

■購入する側の確認ミスも大きい中古バイク購入。

たとえば“格安・目玉”などという中古バイクを、何の確認もなしに買ったのでは、落ち度は購入者にあると開き直られる可能性があります。

そのまま正直には答えてもらえませんが、一応はエンジンやサスペンションなど、メンテナンスの箇所を聞く必要があります。

もしも今回のようなことが起ったらと想定して、無償メンテナンスや保証の件も確認すべきだったのではないでしょうか。

以上のような事柄を購入者として念押ししたか振り返っておきましょう。

■目玉とか掘り出し物という以外に、「心配なところもある」など、何気ない会話はなかったか、思い出してください。

中古バイクで肝心なのは購入後に良心的な対応をしてもらえるかどうかです。

そのための確認は、先にお話ししたように怠ってはいけません。

また心配とか不安といった言葉を販売員が使っていたときは、暗にトラブルの可能性を示唆しているときです。

無償メンテはむずかしいかも知れません。